プロが行なうアスファルトやコンクリート工事|プランで変わる費用

外観

塗装を行なう必要性

男性

住宅の強度を高めるために利用ができるのが、外壁塗装です。外壁へ行なった塗装は、一般的には15年を目安に塗り替える必要があるとされています。15年も経てば、あちこちが劣化するため見た目の印象も悪くなっているでしょう。しかし中には、多少見た目が悪くても今までどおり住めれば問題ないとして、塗装の塗り替えを行なわない人もいます。また、外壁塗装は家屋全体を塗装することとなるので、人件費や塗装剤の料金が高くつくことから施行を行なわないとする人も多くいるのです。塗装が劣化した状態は、見た目の問題ではなく建物の建材へダメージを与えてしまうものです。多くの家は鉄筋コンクリート性ですので、雨水などの影響も関係ないと多くの人は考えています。しかし、コンクリートは表面に細かい孔が開いていることから、水分が中に浸透しやすい素材なのです。もしも塗装が劣化した状態であれば、ヒビ割れた塗装から入り込んだ雨水がコンクリートへ浸透し、内部の鉄骨を腐食させてしまうでしょう。鉄骨の腐食は家の強度自体を損なわせるものとなるので、雨水の侵入は阻止しなければならないものとなります。外壁塗装を行なうことで、この鉄骨の腐食を止めることができるため、劣化が見られた場合は速やかに施行をお願いしましょう。

外壁塗装を行なう会社は、住宅の隅々まで塗装を行ってくれるので、住宅に高い耐候効果を与えることができるでしょう。塗装においてもっともヒビ割れなどが現れやすいのが、壁面の角の部分です。塗装材が薄くなっているため、劣化により一部ヒビや塗装の剥離が起こりやすいのです。また、絶えず雨水がたくさん流れる排水用の溝も劣化しやすい箇所となります。こうした箇所を放置することも、家の劣化につながる要因となります。そのため、外壁塗装を行なう会社は劣化が起こりやすい角の部分をより重点的に塗装するのです。塗り残しもなく全体をきちんと塗装するので、依頼することにより家の見た目と機能性を高めることができるでしょう。